リサイクルの方法

パソコンを下取りに出す

古いパソコンを有効活用するためのひとつの方法として、新しいパソコンを買う時に下取りに出すという方法があります。下取りに出すことで、その代金を新しいパソコンの購入資金の一部に充てます。


パソコンをリサイクルする方法

2003年10月に施行されたパソコンリサイクル法(改正資源有効利用促進法)により、家庭向けに販売されたパソコンやディスプレイのリサイクルがメーカーに義務づけられました。新しいパソコンを買った場合など、不要になったパソコンは資源の有効活用のためにもリサイクルしなければならなくなりました。


パソコンを寄付する

廃棄される運命にある古いパソコンをもう一度活用する方法として、寄付という方法もあります。自分にとっては不要なパソコンでも、それを必要としている人たちがいるものです。そのような人たちのために役立てることも立派なリサイクルの方法のひとつです。


買取りサービスでパソコンを売る

使わなくなった中古のパソコンを買取りサービスを利用して売って、そのパソコンの購入代金を少しでも回収することによりパソコンを有効活用するという方法もあります。


壊れたパソコンの処分方法

パソコンが壊れた場合、修理代が安ければ修理することになりますが、修理代が高ければ買い換えた方がいいかもしれません。パソコンを買い換えることになったら、壊れたパソコンは処分しなければなりませんが処分費用がかかります。この処分費用を何とか穴埋めする方法は無いのでしょうか。